未分類

男も妊活の時代!男がすべき5つの「妊活のすゝめ」を解説!

「妊活」と聞いて男性の皆さんはどういった印象を受けますか?

基本的には、女性が妊娠するように行動するものだと思っている方が多いと思います。

しかし、現在では女性だけでなく男性側も妊活をすべきという考えが出始めています。

セックスを頑張るだけでなく、きちんと子供を作れるような精子を作れるようにする必要があるのです。

妊活にはパートナーの存在が必要不可欠。

お互いに協力して初めて成功に繋がります。

今回は妊活についてあまり知識のない男性に向けて、妊活で何をすべきなのかを解説していきます。

○不妊の半分は男性が原因

元々不妊の原因とは女性のみと考えられてきました。

しかし、現在では男性不妊の可能性もあると判明しています。

不妊の原因としては女性の場合が41%、男性の場合が24%とされています。

また男女共に原因がある場合が24%であるため、合計すると48%が男性であると判断できます。

妊娠できない原因は女性にばかり目を向けられていましたが、最近では医療も進歩し、不妊の原因の41%が女性にあるのに対し、男性にある場合は24%だとわかっています。
これだけだと、まだ女性が多いように感じますが、男女共に原因がある場合は24%あり、総合的に男性にも48%は原因があると考えられるのです。

引用:COCOMAGA

このことから、男性も妊娠への正しい知識を身に付けていくべきなのです。

男性が原因となる場合、主に精子に問題が発生している事が多いです。

  • 精子の活動率が低い
  • 精子の量が少ない
  • 精子が老化している

主にこれらが不妊の原因になります。

逆に言えば、質の良い精子が作れれば妊活の成功率が上がるという事ですね。

それでは、これらの問題の改善を含めた男性の妊活を紹介していきます。

○男性がすべき5つの妊活

男性がするべき妊活は5つあります。

  • 精子の質を向上させる
  • 下半身を温めない
  • 下半身を圧迫しない
  • 禁煙・禁酒
  • 古い精子を溜めこまない

精子の質を向上させる

先述したように、精子の質を上げる事ができれば妊活の成功率を格段に向上できます。

そのためには3つの栄養素が必要になってきます。

  • 亜鉛
  • アルギニン
  • オメガ3脂肪酸

亜鉛

亜鉛は精子を産生するために必要な、非常に重要な成分です。

精液にも大量の亜鉛が含まれており、男性ホルモンを産生する効果もあるので不足すると様々なデメリットを抱えてしまいます。

鉛不足によるデメリット

  • 精子の減少
  • 活動力が低下した質の低い精子が産生される
  • 性欲低下
  • 勃起力低下

男性機能全般に渡って低下するので、妊活に大きな悪影響を与えてしまうでしょう。

深刻な亜鉛不足になると、卵子との受精ができないばかりか「そもそも性欲が湧かない」といった精神状態に陥いる可能性もあります。

亜鉛は精子の数や精子量を増やし運動率をあげる栄養素。

亜鉛が不足してくると精子の数が減ってしまい、また運動率が低い精子、弱った精子などが増加してしまいます。

また前述のとおり、亜鉛不足で男性ホルモンの産生がうまくいかないと、勃起力の低下、精力の減退、性欲低下などが現れます。

引用:卵の質向上委員会

そのような事態を防ぐために、普段の食事から亜鉛を摂取する事を意識してみましょう。

亜鉛は魚介類や肉類に多く含まれています。

食品 100gに含まれる成分量
牡蠣 13.2mg
ほや 5.3mg
豚肉レバー 6.9mg
牛肩 4.9mg

亜鉛の一日の推奨摂取量はおよそ10㎎です。

特に断トツで多く含まれているのが牡蠣であり、約5個で推奨摂取量を満たせます。

とはいえ、牡蠣を毎日食べるというのは現実的に難しいですよね。

他にも刺身や焼き肉など、比較的食べる機会の多い食品を選択して摂取しましょう。

あるいは、食品ではなくサプリメントから摂取方法もあります。

サプリならば欲しい成分のみが凝縮されているので、効率的に亜鉛を吸収できます。

アルギニン

アルギニンには直接的に精子を増やす役割はありません。

しかし、アルギニンはタンパク質を産生する事ができます。

そして精子の産生にはタンパク質が必要になってきます。

そのため、アルギニンでタンパク質を摂取する事は、そのまま精子の増加に繋がるのです。

精子欠乏症や乏精子症などで精子の量が少ない男性や、精子の運動率が悪い精子無力症の方でも、アルギニンを摂取することで症状が改善されて妊娠力が上がることもよくあるようですから、病院での治療と並行しながらアルギニンも意識して摂るようにしましょう。

引用:卵の質向上委員会

アルギニンはタンパク質を多く含む食品から摂取するのが良いでしょう。

アルギニンの一日の推奨摂取量は2g~9gです。

食品名 100gあたりに含まれる成分量
鰹節 4g
豚ゼラチン 7.9g
ピーナッツ 3.2g
湯葉 4.4g

トッピングとしての鰹節、おつまみとしてピーナッツを食べたりなど、比較的食べやすい食品から摂取していくと良いでしょう。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は体内で産生する事が出来ない必須脂肪酸の1種です。

オメガ3脂肪酸、抗酸化物質、葉酸をはじめとするビタミンB群などが豊富に含まれる食品を積極的に摂取することで、女性においても男性においても妊孕性を向上させる可能性が示唆されていました。

引用:桜十字渋谷バースクリニック

生活習慣病全般を予防や血小板凝縮の抑制による血流改善効果など、幅広い効果を発揮する事ができます。

抗酸化作用により、細胞の損傷を抑えられるため精子の量を増加できます。

オメガ3脂肪酸は主に油脂や魚介類を中心に多く含まれています。

食品 100gあたりの成分量
えごま油 50g
亜麻仁油 60g
イワシ 2.5g
サバ 4.2g

特に油脂の配合量が非常に多いです。

サラダのドレッシングやイワシなどの青魚から摂取しましょう。

下半身を温めない

精子を産生するために下半身を温めるのはなるべく止めましょう。

なぜなら精子は熱に弱いため、股間の温度が上がると精子が減少してしまいます。

睾丸がぶらぶらしているのは、熱を上げないようにするため。
精巣の温度が高くなる状態を避けることは、「精子力」アップの基本です。
人の体温は36〜37℃ですが、精巣の機能を保つには32〜35℃が理想的です。
ブリーフは股間に熱がこもりやすいため、風通しのいいトランクスが最適。
ぴっちりしたジーンズ等も、長時間はくのは避けるのが無難です。

引用:FNNPRIME

★股間の熱を下げないようにする方法

  • 風呂やサウナに入らない
  • 膝の上でパソコン作業をしない
  • ぴっちりした下着を履かない

このように日常生活次第では、股間の温度を上げてしまうケースが多々あります。

一度自身の生活を見直してみましょう。

下半身を圧迫しない

温めるだけでなく、圧迫も避ける必要があります。

精子を作る睾丸の血管が圧迫されると血流が悪化してしまったり、活性酵素により質の良い精子を産生できなくなります。

★下半身を圧迫しないようにするための方法

  • デスクワーク中定期的に席を立つ
  • 自転車に長時間座らない
  • 電車でなるべく座らない

とはいえ、完全に股間を圧迫しないようにするには非常に難しいです。

ただ座っているだけでも股間は圧迫されてしまいますからね。

出来る範囲でいいので、なるべく改善できるように行動しましょう。

禁煙・禁酒

精子に関する事だけでなく、喫煙と飲酒は男性機能に大きく悪影響を与えてしまいます。

タバコには何百種類もの有害物質が含まれています。

故に、喫煙は女性の妊娠率を大きく下げてしまいます。

きちんと妊活を成功させたい男性は今すぐに禁煙をスタートさせましょう。

「ヘビースモーカーだし、そんなすぐに止められない……」

そう思った方でも、安心して下さい。

何もいきなり吸う本数を0にする必要はありません。

徐々に本数を減らしていき、体への負担を少なくしていきましょう。

★禁煙、減煙するための方法

  • 禁煙外来
  • 電子タバコ

他にも上記のような方法により禁煙に繋げる事が可能になります。

特に禁煙外来は医師の指導の下、本格的な治療が受けられるので非常にオススメです。

もちろんアルコールも妊娠に悪影響を与えます。

正確には適量を飲むのは問題ないのですが、あまりにも飲み過ぎてしまうと質の低い精子が産生されてしまいます。

研究では、ビール350mlを週に5杯以上飲んでしまうと精子の質が下がってしまう事が判明しています。

ビールを「週に1~5杯」を飲んでいた男性に比べ、「週に40杯以上」を飲んでいた男性では、精子の濃度が33%低下していることが判明。
週に5杯を超えると精液の質は低下しはじめ、その影響は「週に25杯」を超えると顕著で、精子の数が少なかったり、形やサイズに異変がみられる頻度が高まったという。

引用:保健指導リソースガイド

「金曜日仕事終わりにめっちゃ飲んでる……」

「平日も何杯か飲んでる」

このような心当たりのある方は、なるべく飲む量を抑えるようにしましょう。

禁酒の場合も、禁煙と同様にいきなり全く飲まないようにする必要はありません。

「来週は1,2杯減らそう」

ぐらいの感覚で、徐々に飲酒の量を減らしていくと良いでしょう。

古い精子を溜めこまない

精子が精巣に最大まで溜まるのはおよそ3日程。

なので、多くの精子を出すために3日間溜めた方が良いとされる事が多いです。

間違ってはいませんが、この方法には1つデメリットが存在します。

それは精巣に古い精子が残ってしまうという事。

古い精子よりも新しい精子の方が高い活動量を持っているため、受精する確率が低くなってしまうのです。

妊活を成功させるためには、量よりも受精率の高い精子が必要。

3日ではなく2日に1回の射精に変えて、精子の質を落とさずに射精しましょう。

○妊活には夫婦の協力が必要不可欠!男性も積極的な努力を心掛けよう!

かつては不妊の原因は女性が原因だと考えられてきました。

しかし、実際には男性側が原因であるケースも少なからず存在しています。

そうならないように男性も妊活をする必要があります。

  • 精子の質を向上させる
  • 下半身を温めない
  • 下半身を圧迫しない
  • 禁煙・禁酒
  • 古い精子を溜めこまない

一人で子供を作る事はできません。

女性だけでなく、男性側も質の良い精子を作れるように努力していきましょう。